過払い金請求をする人必見!弁護士と司法書士の専門家を見極めるポイント

過払い金請求をする人必見!弁護士と司法書士の専門家を見極めるポイント

過払い金請求をすることは自分でする方法以外に、弁護士や司法書士に依頼する方法があります。

その際、弁護士と司法書士の違いを知らない人が多いことだと思います。 それぞれのメリットやデメリットはどんなものでしょうか。

依頼するにも多くの事務所があり、どこに依頼すればいいのか悩む人も少なくありません。

今回の記事ではそれぞれのメリットやデメリット、事務所を選ぶ際のポイントをいくつか紹介していきます。

過払い金請求を弁護士や司法書士に依頼する場合のメリット

PAK105191150_TP_V

過払い金請求とは、払い過ぎた利息を金融業者から返還してもらうことです。

自らの手で行うこともできますが、しっかりとした知識を持つことや業者との交渉も必要になります。 そのため、弁護士や司法書士などの法律の専門家に依頼する人が多いでしょう。

過払い金請求をするにあたって弁護士や司法書士に依頼することのメリットについては、実に多く挙げられます。 むろん、手付け金や基本報酬、成功報酬などの費用がかかることになりますが、安心感を得ることができます。

過払い金請求をする際には、まず取引履歴を取り寄せることが必要です。 業者によっては故意に手続きを遅らせる場合もあります。

その点、弁護士や司法書士ならスムーズに進みますので、余計な心配はいりません。 引き直し計算の結果、過払い金がある場合には、弁護士や司法書士が交渉をしてくれますので、返還されるのを待つだけでいいのです。

弁護士や司法書士に依頼する時の費用とは

YUUKI150321020I9A4366_TP_V

弁護士や司法書士に依頼する時のデメリットは費用がかかること

過払い金請求を専門家に依頼する人は多いですが、どうしても費用負担等でデメリットが発生します。

しかし、一方で面倒な手続きはすべて代行してもらえますし、業者側も個人で交渉するより良い条件を提示することが多く、トータルで受け取れるお金が増える可能性もあります。 仕事が忙しかったり、業者と交渉するのは難しく感じる人は、信頼できそうな事務所を探して依頼したほうが無難です。

ここでは専門家に支払う費用の名称やその内容、相場について見ていきます。

着手金

着手金とは、仕事を開始する前に支払う手付金のことです。 委任契約を交わし、委任状を作成してこの費用を払うことで、初めて専門家がさまざまな仕事を始めます。

過払い金請求の場合には、相場は借入先一社につき2~3万円程度となっており、委任契約と支払いが完了すると各債権者宛に受任通知を発送します。 ただ、過払い金があることが分かっている場合には、着手金は過払い金回収後に差し引くところもありますし、最初から相談料や着手金を請求しない事務所もあります。

手続き前に専門家に支払える資金がない場合には、着手金を払う必要がない事務所にするか、委任契約前に過払い金で後払いにより支払うことができるかを聞いてみるとよいでしょう。

報酬金

報酬金は、専門家の業務が終わってから支払う費用です。 事務所によっては成功報酬と基本報酬に分けていることもあります。

過払い金請求の場合には、基本報酬として回収できた過払い金の20~25%を支払うことが多いです。 成功報酬は請求しない事務所もありますが、請求される場合でも一社につき2万円程度となっています。

これらは手続きに要した実費と共に回収した過払い金から差し引かれ、その残りを依頼者に返還するという手順になっていますので、依頼者が現金を用意しておく必要はありません。

ゼロ和解になった時や過払いではなく借金の減額になった場合には、別途報酬の計算基準が決まっているため、過払いか債務が残るかわからないときは両方について確認しておきましょう。

実費

弁護士や司法書士に依頼する際にかかる費用は大きくわけて「着手金」「基本報酬」「過払い金返還報酬」の3つに分けられますが、その他に実費がかかることがあります。

実費とは、交通費や事務手数料、裁判になったときの印紙代や郵券代などを指します。

弁護士と司法書士ではどちらに依頼する方が良いのか?

YUKA963_yubisasubiz15202332_TP_V

弁護士と司法書士の違い

過払い金請求を自分で行うのではなく専門家に依頼をする場合は、弁護士か司法書士に頼む方法があります。

この依頼をする時に知っておくべき点がいくつかあります。 どちらも法律に携わる仕事を専門としていますが、持っている権限に違いがあって過払い金の金額が140万円以上になる場合は司法書士に依頼することはできません。

また、140万円以下の金額であっても業者への交渉や訴訟を起こす手続きが行えるのは認定司法書士だけと定められています。 実際に自分の借金による過払い金がいくら戻ってくるかは計算してみないとわかりません。

そのため、最初に司法書士に依頼をしたけれど金額を計算してみたら140万円以上あったという場合は、改めて弁護士に依頼をし直すことになるため注意が必要です。

そのほかにも、依頼をする時に支払う費用にも違いがあって、司法書士の方が若干費用が安い傾向にあります。 少しでも費用を抑えたいと考えているのであれば、自分の過払い金の金額に合わせて依頼をすることが大切です。

弁護士に依頼するメリット

弁護士は法律業務範囲に制限がなく、ありとあらゆる業務を行うことができます。 法律に関して非常に高度の知識と技術を持ち合わせている法律のプロと言えます。

訴訟に対しても積極的な事務所が多く、満額回収が非常に期待できます。 金額の縛りもないので過払い金請求を行う場合いくつかの過払い金をまとめて複数の賃金業者に請求する、組み合わせ手法も利用できます。

この手法は請求金額が140万円以上を超える場合、司法書士では行うことができません。 最初から弁護士に依頼しておけば金額によって切り替え等を行う必要もないので、余分な手間や費用を省くことができます。

司法書士に依頼するメリット

司法書士は弁護士に比べて費用が安い傾向にあります。 140万円以下であり簡易裁判所の過払い金請求であれば、司法書士に依頼した方が手元に残る金額が多いこともあり得ます。

ケースによっては、過払い金よりも専門業者に支払った金額の方が多いこともあるので注意が必要です。

発生している過払い金が少額の場合は、司法書士に依頼した方が良いかもしれません。都市部に集中している弁護士事務所に比べて、司法書士事務所は地域密着型なので、地方にも多く存在します。

地域の隔たりなく依頼者が事務所に訪問でき、利用しやすくなっています。 法律業務範囲に制限があることを逆に生かして、債務整理に特化した事務所もあります。

賃金業者それ

ぞれに適した交渉術を把握していることもあるので、スムーズな解決が期待できるかもしれません。

専門家選びはいくら過払い金を取り戻すことができるか

ESTAR0I9A6995_TP_V

過払い金請求における専門家選びではできるだけ多く、過払い金の額を取り戻す事ができるかが重要です。 しかし弁護士や司法書士によっては依頼者の為に真摯に業務に取り組むかどうかは事務所の方針や個人の資質などで差はあります。

始めだけ弁護士が対応し、その後の交渉処理を全て事務員が行う非弁行為を行う事務所は注意が必要です。

非弁行為は弁護士法違反で、この様な法律事務所は大都市圏にある大量処理型事務所に多く見られます。 依頼者それぞれの事情や要望を殆ど聞かないで、処理を進める事だけ優先して交渉を行う事は依頼者の不利益につながります。

先ず交渉を実際に行う弁護士や司法書士などの資格者が、依頼者と直接面談して貰える事務所が安心です。 その際に処理の進め方に対して、訴訟を行う提案の説明を交えて行ってくれる事務所かどうかも大切です。

過払い金の満額回収は困難になって来る傾向があります。 その為に処理優先の事務所は訴訟を回避して、回収額を減らす様な交渉を行なう所が多いです。

しかし、訴訟する事で回収額は増えますが交渉に時間が掛かり、請求先が倒産するリスクもあります。 事務所選びは満額回収の為の提案とそれに対するリスク説明をしっかり行ってくれる事務所を選ぶ事が最も大事です。

過払い金請求を依頼する事務所選びのポイント

PASONAZ160306170I9A2357_TP_V

信頼できる事務所か見極めることに手を抜かない

過払い金請求を本人に代わって行ってくれる弁護士や司法書士は、有資格者なので誰でも信頼できると考えている人は多いです。

しかし、実際には金儲け主義の専門家や仕事がいい加減な専門家も存在しており、そのようなところに依頼すると、結局依頼者が本来受けられるだけの利益を得られなくなる恐れがあります。

そこで事務所探しをする場合には、自分と相性が良いかどうかだけでなく、相談をした際に専門家や事務所が信頼できるところかどうかを見極める必要があります。

過払い金請求に関しては相談料が無料になるところも多いため、手間を惜しまずに信頼できると思われる事務所が見つかるまで、何カ所でも相談に出向いてみるのも良いでしょう。

過払い金請求・債務整理を専門としている事務所か確認する

過払い金請求や債務整理は、手続きをしている最中で方針を転換することも多いですし、任意で交渉するときなどはどのあたりが妥協ラインになるのか、相手の業者が過払い金を払い終えるまで倒産せずに済むのかなど経験が必要になる場面も多いです。

そのため、単に弁護士や司法書士であれば誰でもよいというわけではなく、やはり過払い金請求や債務整理の手続きを数多くこなしている事務所を優先させるのが得策です。

経験豊富な専門家であれば、依頼者がどうするかで迷ったときにも適切なアドバイスをくれますし、早期決着や少しでも多い回収など、依頼者の希望に沿った効率的な方針を打ち出してくれます。 また、作業自体も早いため、受け取りまでがスムーズです。

料金体系や費用の説明がわかりやすいか

弁護士費用や司法書士報酬は計算方法が分かりにくいとよく言われます。 それぞれの事務所に報酬規程は備え付けてあるものの、取り扱う案件が豊富なので分かりにくく、結局相談の時に見積もりを出してもらうというケースが多いです。

料金について確認するときに、その事務所の料金体系が分かりやすく、説明も丁寧な事務所は信頼できると考えて良いでしょう。

過払い金請求の場合、依頼者からの手出しがないのであまり報酬について追及されず、それを良いことにわざと複雑な料金体系にして、本来の報酬よりも多くの金額を請求する事務所もあります。

依頼者が自分で計算できるような分かりやすい報酬規程のある事務所ならば、そのようなトラブルも少ないと考えて良いでしょう。

費用が安ければいいわけではない

過払い金請求をすると、当然のことながら払い過ぎたお金が戻ってきます。 しかし、弁護士や司法書士に手続きを依頼すると、どうしても費用が発生してしまいます。

そのため、手元に入るお金を少しでも多くしようと費用の安い事務所を選ぶ人もいますが、費用が安いからと言って手元に入る金額が多くなるとは限りません。

中には、安い料金で仕事を多く取って、一つ一つの仕事を適当に済ませようとする事務所もあり、過払い金請求で言うと大幅な減額に応じてすぐに和解を締結される恐れがあります。 その結果、費用は安くてもそもそも回収できた金額が少なくなり、手元には少額しか残らないという事にもなりかねません。

誠実な仕事をしてくれて、納得いく費用の事務所がおすすめです。

過払い金請求の訴訟を提案してくれるか

過払い金請求をする事務所を選ぶ際に重要なのが、過払い金請求の裁判訴訟の提案をしてくれるかです。 裁判をしないと、過払い金の全てを回収出来ないことがあります。

訴訟をしない事務所では、条件がよくなくても和解するように求めてくる場合があるのです。 しかし、専門家に頼む場合は、訴訟も視野に入れておくといいでしょう。

訴訟をすることのメリットやデメリットをしっかりと説明してくれる事務所だとさらに安心です。 司法書士の場合は、過払い金や借金の額が140万以上の場合に代理をすることができないので、その場合は弁護士に頼むようにしましょう。

また、早期解決にこだわらず、時間をかけてでも訴訟を行い正確な回収額を返還してもらいましょうと言う事務所は信頼することができます。

まとめ

HIGA62_notepen_TP_V

貸金業者へ過払い金請求をするときは、法律事務所や司法書士事務所に依頼する方法があります。 依頼するときは、それぞれのメリットだけでなく、デメリットについても知っておきましょう。

また、どの事務所にするか決める時にはポイントがあります。 弁護士や司法書士どちらにしろ、「どれだけ過払い金を取り戻せるか」が大きなポイントになります。 信頼できる事務所かどうかを見極めることが大切です。

見極めつる方法としては、過払い金請求を専門にしており多くの実績を持っているところを探したり、過払い金請求の費用について明確な説明をしてくれところを探したり、信頼できる要素があるかどうか見ることです。

弁護士や司法書士に過払い金請求を依頼するときは、料金だけではなく、いろいろな面で総合的に判断するようにしてみてください。

過払い金請求・債務整理が強い弁護士・司法書士ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所 過払い金の回収金額がNo1
  • 週刊ダイヤモンド誌で過払い金の回収金額がNo1で紹介されています。東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台、札幌と全国8事務所に展開していて、該当地域だけでなく無料で出張相談もおこなっている過払い金請求に強い事務所です。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 過払い金の回収金額がNo1
    • 消費者金融が恐れる司法書士事務所
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 無料の出張相談も可能
    大阪事務所(主たる事務所) 0120-066-018
    東京事務所 0120-065-039
    名古屋事務所 0120-068-027
    福岡事務所 0120-069-034
    広島事務所 0120-067-009
    岡山事務所 0120-070-146
    仙台事務所 0120-131-025
    札幌事務所 0120-678-027

    公式サイトへ

  • No.2
  • 街角相談所-法律- 匿名・無料でベストな解決法をシミュレーション
  • 毎月10,000人以上が利用する借金問題のシミュレーター。解決率はなんと驚異の80%。24時間365日、過払い金だけでなく債務整理などの借金問題に関するすべてを無料で相談ができます。

    • 毎月10,000以上が利用
    • 解決率80%
    • 過払い金も債務整理も相談可能
    • 匿名・無料で利用可能
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応

    公式サイトへ

  • No.3
  • 弁護士法人サンク総合法律事務所 弁護士だからできる解決方法
  • 弁護士にしか弁護士だから解決できる借金問題があります。弁護士法人サンク総合法律事務所は他の大手の法律事務所と違って、安心の全国対応で、土日祝日も休まず24時間365日対応しています。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応
    相談無料のフリーダイヤル 0120-314-501

    公式サイトへ

  • No.4
  • アディーレ法律事務所
  • アディーレ法律事務所は、池袋を本店とし、全国に76の支店を持つ法律事務所です。弁護士150名以上を含む総勢900名以上が在籍しています。過払い金請求や債務整理に特化し、借金問題の解決に取り組んでいます。「返金保証制度」を導入しており、満足できなかった場合、90日以内であれば着手金を全額返金するとしています。

    • 債務整理に関するご相談は何度でも無料
    • 弁護士費用は最大12回までの分割払いが可能(債務整理の方針による)
    • 朝10時から夜10時まで、土日祝日も休まず受付け
    • 匿名・無料で利用可能
    • ご相談時に弁護士費用を事前にお見積もり
  • No.5
  • 新宿事務所
  • 10、20、30、のCMでお馴染みの司法書士法人新宿事務所。電話による過払い金無料診断は365日24時間受け付けています。東京新宿本店・横浜駅前支店・大宮駅前支店・千葉茨城支店・東北仙台支店を持ち、司法書士が全国どこでも依頼者の自宅まで出張相談可能です。

    • 相談無料
    • 完全成功報酬制
    • 秘密厳守