過払い金請求するデメリットについて

過払い金請求するデメリットについて

多くの債務を抱える人にとって、過払い金請求は生活を立て直すことができる可能性があります。 しかし、全てのケースにおいて有効な手段であると言い切ることはできません。

過払い金請求をすることによって不利益が生じる場合もあり、自分の置かれた状況を良く理解して手続きを進めることが大切です。

また、煩わしく難しい手続きを自分で行うのか、専門家に依頼するのかによっても労力や精神的負担が大きく変わってきます。

ここでは過払い金請求を行うことによって生じるデメリットについてご紹介します。

完済している場合の過払い金請求はデメリットがない

LGTM_dandananohana_TP_V

過払い金請求を行うと、個人信用情報に悪影響が出るのでは無いかと心配される状況が以前はありました。 しかし、既に完済済みの貸金業者に対する過払い金請求では、個人信用情報機関への異動情報と呼ばれるマイナス評価の登録はされないことになっているので、安心して過払い金請求が出来ます。

過払い金を発生させている貸金業者との取引を、今後も続けようと考えている人は少ないでしょう。 過払い金は、請求をしなければ戻ってくることがありません。 既に取引が完了しているので、払い過ぎていると判明した利息を返還してもらうだけですからデメリットが無いわけです。

個人信用情報機関へ登録される情報には、申し込み履歴と取引履歴がありますが、既に取引が終わっているので、過払い金請求を行った結果が個人信用情報機関へ掲載されることは無いです。

返済中の過払い金請求にはデメリットがある

TRTM1904_TP_V

ブラックリストに載ってしまう場合がある

金利の払い過ぎによる過払い金請求は、利息制限法が改正される以前に消費者金融などでキャッシングを利用してた方は、余分に利息を支払っていた可能性があるので、過払い金を請求する権利があります。 過去にキャッシングを利用して借金を完済した方、未だに返済をしている方と過払い金を受け取れる種類はふた通りあります。

すでに借金を完済してる方は問題ないですが、未だに返済をしていてさらに過払い金を請求する場合、デメリットがひとつあります。 それはブラックリストに載ってしまう可能性があるということです。 キャッシングを利用して返済を遅らせてしまい、その結果返済をする能力がないと判断されキャッシングの利用ができなくなる人がいます。

そのような人は返済能力がない人として信用情報機関に個人情報が掲載され、利用している以外の消費者金融会社のキャッシング利用もできなくなります。 その個人情報が掲載されることを「ブラックリストに載る」と言われています。 いまだ返済を続けてなおかつ過払い金を請求すること、そして返済能力がなくブラックリストに載ること、このふたつは別の話です。

しかし、返済しつつ過払い金請求をするとブラックリストに掲載されてしまうケースが発生するのは何故なのでしょうか。

賃金業者から新規借入が出来なくなる

過払い金を請求すると、ブラックリストである信用情報機関に「契約見直し」として登録されます。そのため返済を完済してから過払い金を請求する場合には問題はないのですが、いまだ返済をしつつさらに過去の過払い金を請求した場合、任意整理(債務整理)のあつかいとされ、返済能力のない人の枠に入れられることになるのです。

信用情報機関は、あらゆる貸金業者に出回る情報です。 そのためブラックリストに掲載されてしまうと、キャッシングをしても返済能力がないとみなされ、一度も利用したことのない貸金業者から新規のキャッシングをすることが不可能というデメリットがあります。

そのため返済をしつつ過払い金を請求する場合には知り合いなどからお金を借りて、そのお金で返済を完済してブラックリストから個人情報を消去してもらって、その後に過払い金を請求するという流れが得策です。

また、ブラックリストに掲載された個人情報は半永久的に掲載されるものではなく、5〜7年経てば自然消滅するものなので数年間経てば個人情報は消去されます。

自分で過払い請求をするデメリット

TAN_nensyuhikusugidayone_TP_V

時間と手間がかかる

専門家に依頼すると費用がかかるため、自分で過払い金請求をしようとする人は意外と多いです。 現在は請求手続きに関する書籍やネット上での情報等があふれかえっているため、これらを調べれば手続き自体の流れはつかむことができますが、やはりプロに依頼するときと比べてデメリットもあります。

まず、業者に対して取引履歴の開示を請求し、それが届いたら自分で利息の引き直し計算をしなければなりません。

過払い額が確定したら、業者に交渉したり裁判所に訴えを提起したりしますが、書類の作成や業者、裁判所等との話し合いなどもしなければなりません。 これらを一つ一つ調べて作業するのはかなり時間と手間がかかり、本業に差し障る可能性もあります。

取り戻すことができる金額が低くなる可能性がある

過払い金請求を自分ですることのデメリットは他にも挙げられます。 業者にしてみれば、法律に詳しい専門家を相手にするよりも、素人である本人の方が扱いやすいと考えがちです。

そのため、専門家を相手にするよりも大幅に減額した和解金を提示してくることが多く、相場が分からないばかりに言われたままの金額で和解するケースが少なくありません。こちらがなかなか同意しなければ、負担が大きくなることを承知のうえで訴訟をするしかないという脅しを使ってくることもあります。

そのため、ある程度話がまとまらなければ訴訟に移行する準備をするか、業者ごとの相場を調べておいて、時間をかけてその金額で和解できるよう粘るか、諦めて言い値で和解するか選ばなければなりません。

家族に借金をしていたことが知られる可能性がある

家族に内緒で借金をしており、それが過払いになっていると判明した時には、自分で過払い金請求をしたほうがばれずに済むと考える人もいます。 しかし、専門家に依頼すればその後は専門家を通してやりとりをすることになるため、家族に知られる可能性はかなり低いです。

逆に、自分で手続きをすると業者から電話や郵便がきたり、裁判所から連絡が届いたりして家族に怪しまれる可能性が高くなります。 費用面ではなく、家族に知られるというデメリットを考慮して専門家の利用をためらっているときには、プロに依頼したほうが良いでしょう。

どうしても自分で手続きをしたいときは、連絡先や書類の送付先を自宅以外に変更しておくことである程度回避できます。

返済中の場合は返済や督促が止まらない

専門家に債務整理手続きを代理してもらうことになると、本人への請求が止まります。そのため専門家にまとめて手続きを依頼すると、返済中の借金を払わずによくなり、過払い金が戻ってきた時点で返済をして、残債務があれば払いやすい金額で契約しなおすという流れになり、その後の負担がかなり軽減されます。

しかし、自分で過払い金請求をする場合には、返済中の取引があれば返済や督促はそのまま継続します。 そのため、毎月約定通りの支払いを続けながら過払い金請求手続きをしなければならず、本人の負担はかなり大きくなります。

もちろん、過払い金が戻るとそれを使って多少借金を減らすことができますが、自分で手続きをすると時間と手間がかかるというデメリットを考慮しなければなりません。

専門家に依頼した場合のデメリット

0I9A116515030107ryoute_TP_V

過払い金請求は同じ貸金業者に一度しか行うことができない行為です。 ですので、決して失敗しないように用意周到に準備する必要があります。 そのために弁護士や司法書士などの専門家に、依頼することで成功の確率を上げることは間違いではありません。

専門家に依頼すれば、専門的な知識が必要な書類の作成や過払い金の計算、さらに貸金業者との交渉まで全て行ってくれます。貸金業者側は専門家でなければ強気に交渉して、不当な妥協案を提示するのです。専門家でなければその妥協案が不当な物かどうかも判断できません。

過払い金請求は専門家に任せるのが一番確実な方法と言えます。 ただし、専門家に依頼する場合のデメリットとして、必ず報酬が発生することが上げられます。 着手金、基本報酬、成功報酬などの費用がかってしまいます。

この報酬に関しては完済済みの場合と返済中では大きく対応が異なります。完済後であれば、成功報酬のみという専門家は多いです。 理由は簡単で完済後であれば、交渉すれば取り戻せる確率が高いからです。返済中であれば、減額報酬という項目が費用に加わります。

また、専門家の中に悪徳な事務所が存在しているのもデメリットです。 そのため実績があるかどうかを、専門家について調べておく必要はあります。

デメリットを考えて過払い金請求をすることが大切

AL008-okanewoyoukyuu20140722_TP_V

ブラックリストに載っても過払い金請求をした方が良い場合もある

過払い金請求にはブラックリストに載る可能性があるというデメリットが存在します。借金を完済した状態で過払い金請求を行えば、請求先の賃金業者は利用できなくなりますが、過払い金を受け取ることができます。

注意すべきは借金返済中に過払い金請求を行った時です。 返還された過払い金で借金を完済できれば問題はありませんが、返済に充てても完済できなかった場合ブラックリストに載ってしまいます。 ブラックリストに登録されるとほとんどの賃金業者から新たな借入・クレジットカードの発行・ローンなどが利用できなくなります。

しかし、ブラックリストは5年程度の一定期間が経てば削除されるものなので、それ以降であれば借入やクレジットカードの発行が利用できます。 デメリットを逆に考えると、新たな借入ができなくなるので借金癖の人にとってはメリットにもなりえます。

請求した賃金業者以外から借入はできる

借金を完済した状態で過払い金請求を行っても、請求先の賃金業者からは借入ができなくなります。

ただし、請求した賃金業者以外からは新規借入・クレジットカード発行・ローンなどすることができます。 返済中に過払い金請求を行った場合でも、過払い金で完済することができればブラックリストに載ることがないので、借入等をすることができます。

しかし、債務が残ってしまう場合はブラックリストに載ってしまい、請求先を含むほとんどの賃金業者が利用できなくなるので注意が必要です。 ブラックリストにさえ載らなければ、請求先の賃金業者が以外から新規借入が出来るので、大きなデメリットはありません。

過払い金請求のやり方は費用だけでなくトータルで考える

過払い金請求は自分で行う方法と専門業者に依頼する方法があります。自分で行うと専門業者に支払う着手金・成功報酬などが必要ないので、最小限の費用で行うことができます。

しかし、過払い金請求における難しい手続きを全て個人で行わなければなりません。 膨大な時間と労力を必要とし、専門知識を理解しなければならないデメリットが存在します。 賃金業者によっては個人を相手に交渉する際、発生している過払い金の50%~80%を提示してくることもあります。

個人だけで正当な金額を交渉するのは非常に難しい場合が多いのです。 また、『ゼロ和解』という手法も個人で行う際に生じやすい問題の1つです。

交渉の際「借金をゼロにするので和解にしませんか」と賃金業者が提案してくることがあります。 「借金がゼロ」という点に魅力を感じて安易に和解してしまうと、受け取るべき過払い金を請求することができなくなってしまいます。 ゼロ和解を提案してくるのは借金よりも過払い金の方が高額であるケースがほとんどです。

このように自分で過払い金請求を行うと最初の費用はかからないかもしれませんが、受け取った過払い金が少額になってしまうケースもあります。 専門業者に依頼すれば最初の費用はかかったとしても結果的に得られる金額が多いこともあり得ます。 費用だけではなくトータルで考えて過払い金請求の方法を判断するべきです。

まとめ

MOK_kyouhei-kijyounohuukei_TP_V

今回、過払い金請求をすることのデメリットについて様々な視点から見てきました。

借金が返済済みの時点で過払い金請求をする場合はデメリットがありませんが、借金を返済中に過払い金を請求するとデメリットが生じるなど、しっかり確認しておくことは大切です。

また、自分で過払い金請求を行う場合も、専門家に依頼する場合もそれぞれにデメリットは生じてきますので、双方のデメリットを比べながら自分に合ったベストな方法を見つけましょう。

もちろん、過払い金請求を行うことはデメリットだけではありません。 最終的には自分に利益をもたらすこともありますので、しっかりメリット・デメリットを見比べて、過払い金請求をすべきか考えていくことが大切です。

過払い金請求・債務整理が強い弁護士・司法書士ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所 過払い金の回収金額がNo1
  • 週刊ダイヤモンド誌で過払い金の回収金額がNo1で紹介されています。東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台、札幌と全国8事務所に展開していて、該当地域だけでなく無料で出張相談もおこなっている過払い金請求に強い事務所です。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 過払い金の回収金額がNo1
    • 消費者金融が恐れる司法書士事務所
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 無料の出張相談も可能
    大阪事務所(主たる事務所) 0120-066-018
    東京事務所 0120-065-039
    名古屋事務所 0120-068-027
    福岡事務所 0120-069-034
    広島事務所 0120-067-009
    岡山事務所 0120-070-146
    仙台事務所 0120-131-025
    札幌事務所 0120-678-027

    公式サイトへ

  • No.2
  • 街角相談所-法律- 匿名・無料でベストな解決法をシミュレーション
  • 毎月10,000人以上が利用する借金問題のシミュレーター。解決率はなんと驚異の80%。24時間365日、過払い金だけでなく債務整理などの借金問題に関するすべてを無料で相談ができます。

    • 毎月10,000以上が利用
    • 解決率80%
    • 過払い金も債務整理も相談可能
    • 匿名・無料で利用可能
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応

    公式サイトへ

  • No.3
  • 弁護士法人サンク総合法律事務所 弁護士だからできる解決方法
  • 弁護士にしか弁護士だから解決できる借金問題があります。弁護士法人サンク総合法律事務所は他の大手の法律事務所と違って、安心の全国対応で、土日祝日も休まず24時間365日対応しています。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応
    相談無料のフリーダイヤル 0120-314-501

    公式サイトへ

  • No.4
  • アディーレ法律事務所
  • アディーレ法律事務所は、池袋を本店とし、全国に76の支店を持つ法律事務所です。弁護士150名以上を含む総勢900名以上が在籍しています。過払い金請求や債務整理に特化し、借金問題の解決に取り組んでいます。「返金保証制度」を導入しており、満足できなかった場合、90日以内であれば着手金を全額返金するとしています。

    • 債務整理に関するご相談は何度でも無料
    • 弁護士費用は最大12回までの分割払いが可能(債務整理の方針による)
    • 朝10時から夜10時まで、土日祝日も休まず受付け
    • 匿名・無料で利用可能
    • ご相談時に弁護士費用を事前にお見積もり
  • No.5
  • 新宿事務所
  • 10、20、30、のCMでお馴染みの司法書士法人新宿事務所。電話による過払い金無料診断は365日24時間受け付けています。東京新宿本店・横浜駅前支店・大宮駅前支店・千葉茨城支店・東北仙台支店を持ち、司法書士が全国どこでも依頼者の自宅まで出張相談可能です。

    • 相談無料
    • 完全成功報酬制
    • 秘密厳守