住宅ローンは組める?過払い金請求と住宅ローンの関係性

住宅ローンは組める?過払い金請求と住宅ローンの関係性

過払い金に気づいても、請求をしないことを選択する人がいます。 そうする理由の1つとして「マイホームのために必要な住宅ローンを組めなくなる恐れがある」ということがあります。

過払い金とは本来払うべき金額以上に支払ってしまったお金を取り返すだけなので、ローンへの支障は基本的にありません。 ですが、場合によってはローンを組むときに支障が出ることがあるので注意が必要です。

今回は住宅ローンが組めなくなる過払い金請求の条件とその理由について説明します。

過払い金請求とは何か?

MAX85_searchsa20140531_TP_V

グレーゾーン金利など利息制限法で定められた利息よりも高い金利で支払った利息のことを過払い金と言います。 過払い金請求とはこの過払い金を様々な手続きを行うことで取り戻す方法のことで、自分で行うこと法律事務所の弁護士や司法書士などの専門家に依頼することも可能です。

例えば過払い金請求を自分で行う場合、金融業者との取引履歴を請求することから始めます。取引履歴が届いたら、利息制限法を元に引き直し計算を行い過払い金の金額を算出します。

過払い金の算出ができたら金融業者に内容証明+配達証明を送付し、ここから和解交渉を行うことになります。 もし和解交渉が成立しなかった場合は、過払い金請求の裁判を起こすことになり、個人で行う場合はそれなりの労力と時間が必要になります。

一方、過払い金請求の専門家に依頼する場合、着手金や基本報酬、成功報酬などの費用を支払う必要があります。 自分で行うにしろ専門家に依頼するにしろ、時間とお金は掛かりますが、過払い金請求を行うこと自体はメリットが多いと言えるでしょう。

過払い金請求をしたら住宅ローンは組めなくなる?

TRTM1904_TP_V

ブラックリストとは

個人信用情報機関には個人のカード使用履歴などの情報が登録されています。この情報機関に自己破産や任意整理などで、登録されることをブラックリストに載ると言います。

一度このリストに載ってしまうと、5年間は記録を消すことができません。ブラックリストに載っている間は新たにローンを組んだり、クレジットカードを作ることができなくなります。この情報はクレジット会社や銀行などの金融機関で共有されているので、抜け道はありません。

過払い金請求を安易にしてしまうと、このブラックリストに載る可能性があります。 借金の返済中に過払い金請求をして、返ってくる過払い金と借金を相殺しても債務が残る場合はブラックリストに載ります。ですが、借金を完済した後であったり、戻ってくる過払い金と残りの借金を相殺して借金が消える時には載ることはありません。

ただし、過払い金請求をした会社のクレジットカードを作ることはできませんし、利用することもできなくなります。 利息請求を行った人は要注意人物として、その社内データベースに半永久的に登録されます。

過払い金請求をしても住宅ローン審査への影響はない

過払い金請求をしただけでは、住宅ローンへの審査に悪影響を及ぼすことはありません。借金を完済した状態であれば、ほとんどデメリットなく過払い金を受け取ることができます。

借金を返済中である場合は、返還された過払い金で完済できれば問題ありません。ただし、事前に発生している過払い金の金額と借金残高を比較する必要があります。

過払い金と借金残高がほぼ同額であればリスクがあるので、専門家に依頼した方が良いかもしれません。交渉によって必ずしも満額を回収できるとは限らないからです。

自分で行った場合は特にトラブルが起こりやすく、満額を回収できるケースは少ないので注意しましょう。

過払い金請求をしても今ある住宅ローンへの影響もない

借金返済中に過払い金請求を行い、返還された過払い金を返済に充てても完済できなければブラックリストに載ってしまいます。

ブラックリストに登録されると、ほとんどの賃金業者でローン・クレジットカードの発行・新たな借入ができなくなります。5年程度の一定期間が経てば削除され賃金業者が利用できるようになりますが、一定期間はローンを組めないので注意が必要です。

過払い金請求前に組んでいるローンに対しては一括請求を求められる・不当な契約を結ばされるなどの悪影響は一切ありません。 そのため、どうしてもローンを組みたい場合は過払い金請求前に住宅ローンなどを組んでおく方法もあります。

過払い金請求をして住宅ローンが組めなくなるパターン

PAK153130225_TP_V

ローンの審査は信用情報が重要になる

住宅ローンを組む時に賃金業者から審査が行われますが、このとき個人信用情報が非常に重要になってきます。

個人信用情報とは、信用情報機関が管理している個人の登録情報のことで、例えば、クレジットカードやローンなどの契約内容、返済・支払状況、利用残高などが記録されています。

新たにキャッシングやローンを申請するときに、賃金業者はその個人信用情報をもとに審査を行い、結果を出すことになります。 ですが、個人信用情報に事故情報が記載されている場合、住宅ローンの審査に落ちることが一般的です。

信用情報に事故情報が乗ることを「ブラックリストに載る」と表現しますが、主に「延滞」「代位弁済」「債務整理・自己破産」「強制解約」が事故情報のカテゴリーに入ります。特に過払い金請求は、ケースによっては債務整理となってしまい、ブラックリストに載ってしまいます。

例えば、借金を全て返済した時点で過払い金請求を行う場合は債務整理にはなりませんが、借金返済中に過払い金請求を行った場合債務整理とみなされブラックリストに載ります。

例外として過払い金で全ての借金を返済できる場合のみ、債務整理となっていた記録が削除され、ブラックリストに載ったことも白紙に戻ることができます。 とにかく、住宅ローンの審査に通るためには、個人信用情報がクリーンであることが絶対条件になります。

返済中の過払い金請求はブラックリストに登録されてしまう可能性がある

平成22年4月に法律が改正される以前は、過払い金請求をすると契約見直しの事故情報が個人信用情報に登録されていました。そのため、ブラックリストに載ることを危惧し、過払い金請求を避ける方は多かったようです。

ですが、「過払い請求による契約見直しを、延滞や債務整理などと同等に扱うのは適切ではない」と判断されてからは、法律により過払い金返金請求をしても信用情報に事故情報が載ることはなくなりました。ですが、これは借金を完済後の場合にのみ適応されるため、借金を返済中に過払い金請求をするとブラックリストに登録される可能性があります。 借金が残っている状態での過払い金請求は、債務整理をしたとみなされるため、事故情報として登録されてしまいます。

ブラックリストに登録されると、それから最低でも5年から7年はクレジットカードの発行はもちろんのこと住宅ローンの審査も通らなくなります。 ちなみに、借金返済中に過払い金請求を行ってもブラックリストに載らないケースもあり、それは過払い金で借金が完済できる場合です。

この場合は、債務整理の情報が削除され、個人信用情報がクリーンになります。 気を付けたい点は、もし借金が一円でも残っていた場合、債務整理の情報は削除されずブラックリストに載ったままということです。

住宅ローンを組む金融機関が、過払い金請求をした業者と関連会社だった場合は組めない可能性がある

過払い金請求を行った場合、その賃金業者のキャッシングカードは解約扱いとなり、使用できなくなるのが一般的です。 もちろんローンも組めなくなります。

ですが、借金完済後に過払い金請求をした場合は、ブラックリストに載ることがありませんので、過払い金請求とは関係のない賃金業者のカードを発行したり、車・住宅ローンも組んだりすることができます。

個人信用情報には、過払い金請求を行ったという記録は載りませんが、賃金業者は独自のブラックリストを作成していますので、過払い金請求を行ったという記録はしっかり保管されます。 ですので、もし、住宅ローンを組もうとしている金融機関が、過払い金請求をした賃金業者と関連会社であった場合、情報がしっかり共有されますのでローンが組めなくなることがあります。

その場合は、別の金融機関からローンを組むことを考えればいいですし、色々対処法はあるようです。ですが、借金を未返済の間に過払い金請求を行ない、ブラックリストに登録されてしまうと、どの金融機関からもローンが組めなくなるので注意が必要です。

また、過払い金請求と同時にローンの審査を行った場合も審査が通らなくなる可能性が高くなるので避けた方がいいでしょう。

過払い金請求後も住宅ローンも組みたい時の方法

house-1407562_1920

基本は完済してから過払い金請求をすること

住宅ローンを組むときには、借金に関してクリーンな人間であることを示さなければ、申し込みをしても審査に通りません。特に、キャッシングやショッピングの利用をしており、長期間の延滞や債務整理といった金融事故を引き起こしている人に対しては、ほとんどの金融機関が融資を行わないというスタンスをとっています。

これは取引継続中の該当業者によって信用情報期間に登録され、多くの金融機関が閲覧できるようになっています。 過払い金請求は、基本的には借金の焦げ付きがあったわけではないため、金融事故としては扱われません。

しかし、時として手続きが完了するまでの間は債務整理中という登録がされることがありますので、基本的には借金を完済してから信用情報に記載されないようにして、そのあとで過払い金請求をするのがおすすめです。

完済すると取引継続中ではないため、その後債務整理の手続きをしても該当業者は信用情報に登録ができません。 また、ローン審査においても借金がない状態になるため、有料の債務者という扱いになり、融資を受けやすくなります。

一方で、完済するためにまとまった資金が必要になりますので、貯蓄や家族の援助など、捻出方法を検討しなければなりません。

返済中に過払い金請求をする場合は過払い金で完済できればローンが組める

借金を返しきれないほど高額な残債務になっている場合には、完済してから住宅ローンに申し込むという手順を踏むのに時間がかかります。

そこで、債務整理手続きを完了させてからローンの申し込みをするという方法を選ぶこともあります。 例えば、一社に対して複数の借り入れがあり、一部は過払いになって残りは残債務がある場合や、クレジットカードでショッピング枠の残債務があり、キャッシングは過払いになっている場合などがこれに該当します。

キャッシングに関しては取引ごとにすべて利息の引き直し計算をして、過払い金と残債務を相殺した金額で交渉をするのです。相殺したうえで過払い金の方が多ければ、その差額部分を過払い金請求すればよいですし、相殺して借金がまだ残るならば、相殺後の残額に対して返済方法を業者と交渉していきます。

過払い金を取り戻すか、減額した借金を完済すれば契約は解除できますので、登録された信用情報は消去されます。その後であれば、借金のない状態でローンの申し込みができます。

債務整理を終えてからなので多少ローンの申し込みまでに時間はかかりますが、一括返済のためのまとまった資金も必要なく、条件の良い債務者に戻れておすすめです。

住宅ローンを組んでから過払い金請求を行う

とにかく急いで住宅ローンを組みたい、しかし一括弁済できるだけの資金もないという場合には、債務整理は保留にして住宅ローンの審査を受けるという方法もあります。

信用情報の調査が行われるのは、ローンを申し込んで融資をするかどうかを判断するときくらいですので、無事に審査に通った後で信用情報に傷がついても問題はありません。もちろん、他の借り入れをする予定があるときには信用情報をチェックされるため融資が受けづらくなりますが、過払い金請求であれば短期間で登録内容も消去されて比較的すぐにクリーンな状態に戻ります。

ただし、住宅ローンで融資をするかどうかを決める判断基準は、信用情報以外にも本人の支払い能力等たくさんあります。 信用情報は問題がないものの、高額の借金が残っている人は今後ローンの返済を続けられるか不安視される可能性があり、多少不利になるでしょう。

見た目上の借入残高が高額で、返済に余裕がなさそうに見える人はローンの申し込みをしばらく待って手続き後に申し込み、現在の残高がそれほど多くないときには、先にローンを組んで後から過払い請求と、自分の借り入れ状況や資金の必要度などに応じて対策を検討するとよいでしょう。

まとめ

GORIPAKU2073_TP_V

過払い金請求は、借金の返済時に払い過ぎた利息分を返金してもらうことです。 返済中でも完済後でも行うことができますが、返済中に行う場合には、ブラックリストに登録されてしまう場合があります。

ブラックリストに登録されてしまうと、しばらくの間は住宅ローンの審査に通らなくなるため、完済後に過払い金請求を行うのが安全です。

ただし、ブラックリストに登録されていなくても、過払い金請求を行った業者の関連会社に対しては、審査に落ちる可能性があります。

過払い金請求は、業者側にとっては利益が減る行為なため、業者独自で管理している顧客情報などに要注意人物として記録が残されるためです。注意事項を把握した上で過払い金請求を行うことが大切です。

過払い金請求・債務整理が強い弁護士・司法書士ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所 過払い金の回収金額がNo1
  • 週刊ダイヤモンド誌で過払い金の回収金額がNo1で紹介されています。東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台、札幌と全国8事務所に展開していて、該当地域だけでなく無料で出張相談もおこなっている過払い金請求に強い事務所です。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 過払い金の回収金額がNo1
    • 消費者金融が恐れる司法書士事務所
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 無料の出張相談も可能
    大阪事務所(主たる事務所) 0120-066-018
    東京事務所 0120-065-039
    名古屋事務所 0120-068-027
    福岡事務所 0120-069-034
    広島事務所 0120-067-009
    岡山事務所 0120-070-146
    仙台事務所 0120-131-025
    札幌事務所 0120-678-027

    公式サイトへ

  • No.2
  • 街角相談所-法律- 匿名・無料でベストな解決法をシミュレーション
  • 毎月10,000人以上が利用する借金問題のシミュレーター。解決率はなんと驚異の80%。24時間365日、過払い金だけでなく債務整理などの借金問題に関するすべてを無料で相談ができます。

    • 毎月10,000以上が利用
    • 解決率80%
    • 過払い金も債務整理も相談可能
    • 匿名・無料で利用可能
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応

    公式サイトへ

  • No.3
  • 弁護士法人サンク総合法律事務所 弁護士だからできる解決方法
  • 弁護士にしか弁護士だから解決できる借金問題があります。弁護士法人サンク総合法律事務所は他の大手の法律事務所と違って、安心の全国対応で、土日祝日も休まず24時間365日対応しています。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応
    相談無料のフリーダイヤル 0120-314-501

    公式サイトへ

  • No.4
  • アディーレ法律事務所
  • アディーレ法律事務所は、池袋を本店とし、全国に76の支店を持つ法律事務所です。弁護士150名以上を含む総勢900名以上が在籍しています。過払い金請求や債務整理に特化し、借金問題の解決に取り組んでいます。「返金保証制度」を導入しており、満足できなかった場合、90日以内であれば着手金を全額返金するとしています。

    • 債務整理に関するご相談は何度でも無料
    • 弁護士費用は最大12回までの分割払いが可能(債務整理の方針による)
    • 朝10時から夜10時まで、土日祝日も休まず受付け
    • 匿名・無料で利用可能
    • ご相談時に弁護士費用を事前にお見積もり
  • No.5
  • 新宿事務所
  • 10、20、30、のCMでお馴染みの司法書士法人新宿事務所。電話による過払い金無料診断は365日24時間受け付けています。東京新宿本店・横浜駅前支店・大宮駅前支店・千葉茨城支店・東北仙台支店を持ち、司法書士が全国どこでも依頼者の自宅まで出張相談可能です。

    • 相談無料
    • 完全成功報酬制
    • 秘密厳守